てんかん 薬代 医療制度

てんかんの薬代と医療制度について

スポンサーリンク

病気の治療を行うときには、たくさんの費用が必要になります。
そのために満足な治療を受けることができないという人もいます。
これでは健康で満足をした日常生活を送ることができません。
このような悩みを解決するために、日本ではいくつかの制度が用意されています。
てんかんという病気がありますが、この病気にも特効薬や効果的な治療方法というものがありません。
長期間にわたって薬を服用し、病気と上手に付き合っていかなければいけないようになっています。
したがって薬代や治療費などの費用がたくさん必要になるというようになっています。
このてんかんの薬代の負担を少しでも軽くするための医療制度があります。
それは次のような医療制度となっています。
てんかんの場合には薬代を含めた医療費に関する制度を利用することができるようになっています。
その中の一つが精神通院医療というものになります。
これはてんかんと診断された人であれば、誰でも利用できる医療制度となっています。

スポンサーリンク

この制度を利用することでどのようなメリットがあるのかというと、外来の通院医療費を安くすることができます。
また小児慢性特定疾患治療費研究事業というものがあります。
重度心身障害者医療費助成制度もあります。
これは重度の身体障害や知的障害などを併せ持っているというような場合に、利用することができるようになっています。
精神通院医療に関しては、健康保険適応の外来医療費の自己負担が、基本的に10パーセントに軽減されるようになっています。
しかし所得制限があるというのを忘れないようにします。
また市町村では、独自に補助を上乗せしているというような所もあります。
申請窓口は市区町村となっています。
この他には生活費に関する制度を利用することもできます。
一定程度の症状の状態になった患者に対し、国から生活費として支給されるという制度となっています。
障害年金や特別児童扶養手当、障害児童福祉手当などとなっています。
これらの制度を上手に活用するようにします。

スポンサーリンク