てんかん 発作 死亡率

てんかん発作と死亡率について

スポンサーリンク

現在我が国にはたくさんの病気があります。
これらの治療をしっかりと行うために研究が行われるようになっています。
そしてここで新しい治療方法や薬が開発されるというようになっています。
我が国の医学の発達は素晴らしいものとなっていますが、まだまだ死亡率が高いという病気がたくさんあります。
脳に関する病気の中にてんかんというものがあります。
最近はテレビなどで取り上げられるということが多くなっているので、一度は耳にしたことがあるという人が多くなっています。
これは発作を発生させることが多くなっている病気となっています。
てんかんが原因となって交通事故を引き起こすというようなこともあります。
日本人の中で約1パーセントがてんかんの患者であると考えられています。
すなわち100人に1人がこの病気を持っているというように考えることができます。
したがって身近な病気の一つとして考えることができます。
誰でも発症する可能性があるのです。

スポンサーリンク

てんかんにはどのような症状があるのかというと、代表的なものは発作ということになります。
急に意識を失って倒れるというようなこともあります。
したがって周りにいる人は注意深く対応をしなければいけません。
発作が発生したときには倒れてしまうので死亡してしまうのではないかと心配になる人がいます。
しかし必ずしも死亡するということはありません。
死亡率は低くなっています。
実際にてんかんの発作だけでの死亡率というのは低くなっています。
しかしここで注意をしなければいけないのは、症状が重症の時には死亡率は高くなっています。
したがってどのような発作が発生しているのかというのをしっかりと観察することが必要になります。
意識を失って全身が痙攣するというようなこともあります。
またこのような状態が何分間続いたのかというのもメモしておくようにします。
こうすることで実際に病院に行って問診をするときに貴重な資料となります。
痙攣が発生したときに意識障害の状況によって死亡につながることもあります。

スポンサーリンク