脳波異常 原因

てんかんの原因と脳波異常について

スポンサーリンク

てんかんとはニューロンと呼ばれる脳の神経細胞に関わる病気で、突発的な電気信号が発生することを原因として生じる発作を指しています。
てんかん発作の症状は人によっていろいろで、人種や年齢、性別といった要素に関わりなく起こりえます。
手足が激しく痙攣するケースもあれば、突っ張ったように体が硬直するケースもあります。
また、前触れもなく突然意識を失ったりするなど、ひと口にてんかん発作と言ってもかなり幅広い症状を示します。
ただ、人によって症状は異なるものの、同じ人の場合は同じような症状が現れるケースが多いのも特徴となっています。
てんかん発作の症状を示している時に脳の検査をしてみると脳波異常が見られることが多く、これを元に診断を行っています。
子供から高齢者まで幅広い層に患者は見られるものの、未就学児が罹患する小児てんかんの場合は成人に近づくにつれて治癒するケースもあります。
ただし、一般的には継続的な治療を必要とする病気です。

スポンサーリンク

高齢者になってくると脳の機能にも様々な障害が出てくるようになり、それらが原因となっててんかんを発症する患者も増えてきます。
てんかんを検査する上で脳波異常の有無は最も重要なものになります。
ところが、てんかん発作を起こす原因となっている部位が、頭につける電極から遠い位置にある場合は脳波異常を検知しにくいという面があります。
そのため、一度の検査で検出することができずに何度か検査する場合もあります。
てんかんは発症する原因によって症候性と特発性の2つに分けられます。
症候性の場合は、病気などによって脳が傷つくなどの障害が元となって発症します。
出生時に何らかの原因で脳が傷つくこともあれば、高齢になってからアルツハイマーのような病気で障害を持つこともあります。
特発性の場合は原因がよくわからず、脳波を調べてみてもはっきりとした異常を見つけることができません。
てんかん発作に関わる遺伝の存在も語られていますが、まだよくわかっていないというのが現状です。

スポンサーリンク