頭 痙攣 原因

頭の痙攣発作の原因について

スポンサーリンク

頭が痙攣したりひきつけを起こすなどの症状が出た場合は、一刻も早い治療が必要です。
めまいや運動麻痺などの付随運動がおこる要因は、脳炎や脊髄病変など多様性の疾患が考えられますが、頭の痙攣発作の原因にはてんかんの一種が中心にあげられます。
てんかんとは何らかの刺激に反応して、大脳の神経細胞ニューロンが興奮した状態になって脳信号から手足に痙攣が起こった状態です。
繰り返して2回以上起こることもあり発作は数分程度で治まります。
この過剰な興奮状態のままだと体の制御が利かず、意識消失状態になるので運転中や入浴中などは大変危険です。
同一患者さんの場合、頭が痙攣するなど、興奮の始まり方や症状がどこから出るか原則的に同じパターンです。
もしてんかんだった場合、発作時の脳波で原因がわかります。
てんかん治療は数種類の薬で発作をコントロールすることが可能です。
ですが難治性てんかんの場合は、薬の効果が薄くその場合は外科手術が必要になります。

スポンサーリンク

人間の脳には、脳幹、大脳皮質、脳幹など様々な機能があります。
発作がおこるのは脳表面に近い大脳皮質からです。
脳が刺激を感じ発作が伝わった場合、まず最初に起こる痙攣個所と発作の症状は密接に関係しているので、その状態を観察すれば、てんかんかどうかわかります。
痙攣の原因は脳神経の異常から起こりますが強迫性障害なや外傷性など急性疾患の場合もあります。
てんかんは脳の病気で、およそ百人中一人に起こるありふれた病気です。
誰もがかかる可能性のある病気で発作のレベルも人それぞれです。
発作が起こった場合、ほとんどの場合は数秒から数分で治まります。
すぐに意識が戻らなくても救急車を呼ぶ必要はありません。
人によっては体の片側だけ筋肉低下やしびれなどが出て長く続く場合もあります。
てんかんの場合は2年以上、発作を抑制できれば薬は必要ありません。
そのためにも適切な薬剤と、正確なてんかん発作診断や遺伝子検査などが重要になります。
きちんと検査を受けて原因を確かめましょう。

スポンサーリンク