てんかん 治る 確率

てんかんが治る確率はどれくらいですか

スポンサーリンク

てんかんという病気には、治りにくいものと治りやすいものがあります。
通常の治療は薬で発作を抑えますが、それでも難しい場合には手術をすることもあります。
さて、てんかんが治るか治らないかは、病気が発症した年齢によります。
まずは小児期に発症する突発性てんかんです。
この場合は治る確率が高いと言えます。
医師による適切な診断と処方される抗てんかん薬をきちんと服用すれば、発作を起こさずに済みます。
小児期では、まだ脳が未完成なので年齢と共に脳が発達して行けば、脳に出来ている傷に左右されないのです。
ですから、小児期に発症した場合に治る確率は、10人中8〜9人でその子たちは服薬をストップ出来ます。
ただし、薬を中途半端なところで勝手に止めてしまうことは厳禁です。
あくまでも、服薬をしなくても良い状態というのは、2年以上発作がなくて脳波が安定している場合のみなのです。
次は大人(思春期以降のことを指します。
)になってからの発症についてです。

スポンサーリンク

これは薬だけで発作を抑えることは出来ますが、服薬を終了することで再発してしまう確率も高いのです。
大人になってしまうと、脳が発達しきっているため、何歳になっても脳に変化は現れません。
完治が難しい理由はそこにあります。
それでも、服薬をストップすることは出来ます。
5年以上発作が出ていないことを前提として、定期的に脳波検査をした結果、医師と相談して決めます。
決して自己判断で服薬を止めてはいけません。
服薬を続けている状態で2年以上発作がないからと言って、服薬をストップしてしまうと、再発する確率は高くなります。
そもそも「完治」の基準は服薬をしなくても発作が起きない状態を言います。
服薬している状態で発作がないのは、完治ではなく寛解です。
ただし、小児の治りやすいタイプでも服薬終了後に二度と再発しないとは言い切れません。
成人の場合には、服薬している状態で発作が起きなくなって5年が経過した時点で、服薬を続けるかどうかを医師と相談します。
この時に大事なことは、ただ医師の言うことを聞くだけでなく、患者自身が自分の気持ちを考慮することです。
「発作が起きないなら服薬を続ける。
」か「発作のリスクを背負っても服薬をストップしたい。
」か、自由に選択することが出来ます。

スポンサーリンク