症候性てんかん 脳梗塞

症候性てんかんと脳梗塞について

スポンサーリンク

脳に関する病気がたくさんあります。
脳梗塞や脳出血というようなものが代表となっていますが、脳梗塞というような脳の病気を発症すると、後遺症が残るということがあります。
後遺症としてはさまざまなものが考えられていますが、この中にてんかんがあります。
脳出血を引き起こした後にも後遺症としててんかんが発症することがあります。
てんかんとはどのような特徴があるのかというと、これは繰り返して発作を引き起こすというような脳の疾患のことになります。
急に身体が痙攣をしたり意識障害が見られるようになっています。
症状には個人差がありますが、一度発症すると同じような症状を繰り返すようになっています。
これは脳の神経細胞が一時的に異常な興奮状態となっています。
その結果痙攣や意識障害を発症させるようになっています。
脳梗塞というような腫瘍や外傷が原因となっているものは、症候性てんかんと呼ばれるようになっています。
症候性てんかんは原因が明らかとなっています。

スポンサーリンク

症状が重い場合には、急に意識を失って泡をふくということもあります。
しかし一般的には数分で症状が治まるようになっています。
しかし発作が発生したときには倒れることが多くなっています。
転倒することで頭を強打してしまうというように外傷を伴うこともあるので、注意が必要となります。
このほかには脱力があったり失禁するというようなこともあります。
脳に発生する障害となっているので、決まった症状が出るということはありません。
患者さんによって異なった症状が現れます。
また一度発作が発生すると、その日のうちに何度も発作を繰り返すことが多いと考えられています。
70パーセント前後の患者さんは、抗てんかん薬を服用することで症状を抑えることができます。
症候性てんかんは脳梗塞などの脳に傷ができるということが原因となっているので、外科手術を行って完治するということもあります。
大人になって発症をした場合には、自然に治ることはないと考えられています。

スポンサーリンク