てんかん 手術 後遺症

てんかんの手術と後遺症について

スポンサーリンク

てんかんの治療に関しては、基本的に薬物治療が行われるようになっています。
しかし薬物治療というのは、発作の回数を減らすということが大きな目的となっています。
したがってこの方法で完全に治すことができるというものではありません。
したがって根本的にてんかんの治療を行うという場合には、手術が行われるようになっています。
そこでこの方法は大きく2つに分けることができるようになっています。
それは焦点切除術というものになります。
これは症状が現れる脳の中の源を取り除くという方法になります。
これによって脳の一部を切除するということになります。
このほかの方法としては、脳梁離断術となります。
これは発作が発生する波が全体に広がらないようにするため、途中にある神経を切るというものになります。
左脳の一部を焦点とする発作の波が、大脳全体に広がっていくというようなときにこの方法が行われるようになっています。
薬物治療を行っていても発作が治まらなかったり、日常生活の中で危険を及ぼすというようなときに手術が行われるようになっています。

スポンサーリンク

しかしてんかんの手術を行うときに気になるのは、後遺症ということになります。
脳の中にメスを入れるということになるので後遺症は誰もが心配することとなっています。
てんかんの手術の場合、脳の一部を切除したり神経を切るということが行われるようになっています。
したがってそれによって脳の機能が損なわれたり、情報を伝えるということが上手にできなくなってしまうのではないかと心配になります。
場合によっては手足が動かなくなったり記憶力が悪くなる、言葉を発することができなくなるというような後遺症の心配もあります。
非常に大きな手術が行われるようになっていますが、最近では経験の多さと医療技術の発達によって、後遺症のリスクが非常に低くなっています。
現在では、切除をすることで脳に何らかの影響が出ないかというようなことを、事前に検査することができるようになっています。
この結果後遺症のリスクを回避することができるようになっています。

スポンサーリンク