側頭葉てんかん 前兆

側頭葉てんかんの前兆について

スポンサーリンク

側頭葉てんかんという病気があります。
てんかんの中の一つとなっていますが、これには次のような特徴があります。
大人の中で発症が多いというように考えられています。
側頭葉てんかんは、薬の効果があまりないという特徴があります。
したがって治療が難しいと考えられています。
発作が発生するのを抑えることができないというようなことがあるからです。
治りにくいものとして考えられています。
発作が発生するというようなことは、他のてんかんの症状と同じとなっていますが、この間はどのようなことが発生しても本人は気がつかないようになっています。
したがって大きな事故やケガにつながりやすいという傾向があります。
発作が発生する前には前兆があります。
発作が発生する前の前兆としては、頭が痛くなったり気分が悪くなるというようなことがあります。
しかし側頭葉てんかんでは、何も前兆がないまま急に意識がなくなるというようなこともあります。
常に注意をしなければいけません。

スポンサーリンク

発作はどのようにして現れるようになっているのかというと、次のような特徴があります。
動きが止まって一つの所を見つめるようになります。
また何かを食べているときのように口を動かすようになっています。
また意味のない手の動きを繰り返すようになります。
歩いているときに発作が発生するというようなことがあります。
この場合にはたとえ意識がなくなってもそのまま歩き続けるというようなことがあります。
意味のない言葉を繰り返すというようなこともあります。
冷たいということや痛いということ、他には熱いというような感覚がなくなってしまいます。
このような発作が月に1回から2回発生するようになっています。
発作が何の前兆もなく発生した場合には、本人は発作が発生したということに気がついていません。
したがって病気に対する自覚がないという非常に厄介な状態となってしまいます。
このようなときには周りにいる人がしっかりと支えるということが大切になります。

スポンサーリンク