外傷性てんかん 症状 固定

外傷性てんかんの固定症状について

スポンサーリンク

交通事故に遭うということがあります。
このときに脳に強い衝撃を受けてしまうということがあります。
その結果直後に痙攣発作が発生することがあります。
これはずっと続くということはなく一過性となっています。
したがって最終的には完全に消えてしまうようになっています。
したがっててんかんとは区別されているものとなっています。
このように症状が固定されているというようなものを外傷性てんかんといいます。
外傷性てんかんは症状が固定されているというようになっていますが、数ヶ月から数年の間に急に発作が繰り返し発生するというようなことがあります。
したがって注意が必要となります。
原因として考えられているのは、頭部の外傷による後遺症となります。
損傷を受けた部分が、時間の経過と共に過剰興奮するようになっている状態です。
しかし他のてんかんとは違うところがあります。
それは原因が頭部の外傷というようにはっきりとしているところになります。
症候性てんかんの一つとして考えられています。

スポンサーリンク

外傷性てんかんではどのような症状があらわれるようになっているのかというと、急に意識を失ったり記憶がどこかに飛んでしまうというような固定されたものとなっています。
またこの病気はしっかりと治療を行うことがでいるようになっています。
治療に関しては、抗てんかん薬が使われるようになっています。
完治をさせることが難しいと考えられています。
それは脳についた傷が関係しているからです。
これによってこの部分が過剰に興奮するようになっています。
しかし遺伝をする可能性は全くないと考えられています。
完治が難しいと考えられていますが、薬を服用することで、進行を遅らせることができるようになっています。
一般的に外傷を受けてから2年以内に発症することが多くなっています。
急に活動が止まって意識を失うということがほとんどで一過性の固定症状となっています。
このような病気が疑われるときには病院を受診します。
病院の何科を受診すればいいのかというと、脳神経外科ということになります。

スポンサーリンク