てんかん 治る 方法

てんかんが治る方法とは

スポンサーリンク

突然脳からの電気信号に異常をきたし、脳波が乱れることによって記憶が無くなったりけいれんを起こしたりするのがてんかんの主な症状です。
てんかんは良く差別の対象になってしまいますが、誰しも起こる可能性のある病気なのです。
この病気は一度かかってしまうと治る方法が無く、一生薬を飲み続けなければいけないと一般的には思われていますが、実際はそんなことは無く、てんかんは治る可能性もある病気なのです。
この病気は治りやすいタイプと治りにくいタイプがあって、特に子供の時に発症したの場合は治る可能性が比較的高いと言われています。
治療の方法は主に薬を飲んで症状を抑える方法が取られます。
そして、定期的な病院の診断を正しく受けることがとても大切です。
風邪のように一週間や一か月で治る病気ではないですが、病院の指示通りに正しく薬を飲み、定期的な検査や診察もきちんと受けることによって確実に回復に向かっていきます。
薬の量を状況に応じて減らし、最終的には服薬を終了させます。

スポンサーリンク

小児てんかんがどうして治りやすいかというと、てんかんという病気は脳に何らかの傷が出来てしまって発症するのですが、小児期はまだ成長期にある為、脳が発達していくことによって、この傷が無くなっていくのです。
割合としては、小児期に発症した10人の中で8人から9人は完治すると言われています。
確率的に言えば、小児期のてんかんは発症したほとんどの人が検知できると考えて良いという事です。
しかし、注意しなければいけないのは、必ず医師の指示があるまで服薬を続けるという事です。
発作が起こっていないとしても、それは薬によって抑えられているだけかもしれないのです。
中途半端に自分勝手な判断で服薬を辞めると再び発作を起こしてしまい、結果的に治療期間が長くなってしまいます。
一方、成人になってから発症した場合は完治するのが難しいです。
成人はこれ以上脳が発達することは無いので、脳に傷があったとしても修復することが出来ないのです。

スポンサーリンク