てんかん 仕事 働く

てんかんで働く事は出来るが就けない仕事もある

スポンサーリンク

てんかんの人であっても1部の例外を除いて仕事に就く事は出来ます。
働く事が出来ない職業というのは発作が起きて意識を失ってしまったような場合に、本人や同僚などに危険が及んでしまうようなものです。
例として運転を伴う仕事は避ける事が重要です。
発作が2年間起きていなければ普通車の運転は許可されますが、やはりいつ起きるかわからないので仕事にする事は難しいです。
てんかんは急に発作が起きるので高所作業も認められていません。
自衛官や消防士なども発作がある場合はなる事が出来ません。
しかし後からわかった場合は配置転換などで仕事が続けられるようにしてくれます。
また働く時に告知をしておいた方が職場の理解を得やすくなります。
告知していなくて後からわかった場合は辞めるように仕向けられることも現実にはあります。
しかし働く時に5年間程度発作が起きていないのであれば告知する必要はないです。
職場に理解してもらうようにする事が大事です。

スポンサーリンク

てんかん症状がある程度ある場合は障害者手帳を取得する事が出来ます。
しかし長期間てんかんの発作が起きていない場合は、障害者手帳を取得出来ない場合もあります。
手帳を持っていれば障害者枠で就職しやすくなるといわれていますが、程度による場合が現実的には多いです。
具体的に1年に1回ぐらい大きな発作が起きてしまう人が就職に苦しんでいる現実があります。
仕事は危険を伴うものは出来ませんが、そうでなければ資格を持っていれば多少有利になる場合もあります。
また現在では条件で検索すればいろいろ調べる事が出来るので、てんかんであっても働く事が出来る派遣会社などもあります。
ハローワークなども含めてそれぞれに合ったものを選んでいく事が出来ます。
生活サイクルを狂わせると発作が起きやすくなるので、昼夜逆転の仕事やシフトがよく変わるものは避けた方がいいです。
発作が起きなければ医師にもなれるので、資格を持つ事も就職する上で大事です。

スポンサーリンク