てんかん 手術 費用

てんかんの手術と費用について

スポンサーリンク

てんかんを発症しているという人がいます。
この病気は薬を服用して長い期間付き合っていかなければいけないというようになっています。
基本的には薬を使って治療が行われるようになっていますが、手術を行うことで治療ができるというような方法もあります。
てんかんの手術を行うときに必要な入院期間に関しては、病院によって異なっています。
病院によっては検査入院を行った後に、外科的な治療を行うための入院というような流れとなっているところもあります。
入院期間に関しては、検査入院の場合には約3週間となっています。
この期間を経過すると一度退院ということになります。
そして手術の日まで待つというようになります。
1度の手術の場合には入院期間は約5週間というようになっています。
頭蓋内電極留置と治療的な手術を行う場合には、入院期間が約7週間ということになります。
てんかんの手術を受けるときには費用が必要になります。
費用が高くなるのではないかと考えている人も少なくありません。

スポンサーリンク

日本には保険制度というものがあります。
この保険制度の中には、高額の医療費を支払った場合の自己負担限度額というような制度があります。
この制度によって、どのように大きな施術を受けた場合でも、支払金額は一定金額に抑えられるようになっています。
この制度の基本となっているのは、医療機関や窓口で支払った金額が1ヶ月あたり一定の金額を超えた場合にその金額が支給されるというようになっています。
気になる費用に関しては、入院費などの費用の総額は約200万円となっています。
しかし現在では健康保険が適用されるようになっているので、負担額を軽くすることができるようになっています。
薬による治療も行われていますが、この場合2年以上発作が発生していないということになれば、薬をやめてもいいというように考えられています。
しかしこの場合しっかりと診察を行って、医師と相談するようにします。
再発の可能性や社会生活のことなどもあわせて考えるようにします。

スポンサーリンク