てんかん 完治 確率

てんかんが完治する確率は

スポンサーリンク

てんかんには大きく分けて2種類あります。
小児期に発症するタイプと、大人になってから発症するタイプがあります。
まず小児期にかかるタイプは治りやすいものです。
適切な診断を受けて抗てんかん薬を服用すれば、かなりの確率で発作が起きなくなる病気です。
このまま発作が数年単位で起きなければ、薬の服用をやめて普通の生活をおくることも出来ます。
小児期のものは、脳に傷があったとしても脳の発達により発作が起きなくなるのです。
このタイプは10人中8人から9人は薬の服用をやめるまで回復出来ます。
しかし大事な事は個人で判断してはいけないということです。
症状が改善してしまうと薬の量を減らしてしまったりしますが、医師のOKが出るまでは勝手に判断してはいけません。
目安は2年間発作が起きないことです。
また発作だけではなくて、その間に脳波が安定していることも重要なポイントになります。
これがクリアできれば投薬終了のサインになります。

スポンサーリンク

もう1つは大人になってからこの病気になる人です。
このタイプは完治するのが非常に難しいです。
このタイプも薬で症状を抑える事は出来ますが、投薬をやめてしまうとまた発作が起きてしまう確率が高まってしまいます。
子供のてんかんが完治しやすいのは脳が発達する事で症状が起きなくなるからです。
しかし大人の場合は脳の発達はありませんから、完治する事が難しいのです。
同じようにきちんと薬を服用して脳波の検査を受けて5年程度は発作が起きなければ投薬を中止する事が出来ます。
それでも投薬を中止してから2年後に発作が起きる確率は20パーセント程度あります。
てんかんの完治基準は人によって違ってきます。
薬を飲まなくても発作がない状態を指すのか、薬は飲んでいても発作がない状態をいうのか2種類あるからです。
薬を飲んでいても発作が起きていなければ車の免許を取ることも出来ます。
再発することで制限されてしまうこともありますから、飲み続ける事も重要です。

スポンサーリンク