てんかん 症状 暴れる

てんかんの症状として暴れる事もあり

スポンサーリンク

てんかんは、突然のけいれんや意識障害を起こすものです。
大脳からの電気信号は、正常なら一定のリズムで流れているものですが、この電気信号が過剰に流れる事で突然の症状が出ます。
てんかんと効くと、子供に起こるものと考えている方も少なくないかもしれませんが、高齢者にもある症状です。
100人に一人は起こるもので珍しくないようです。
ただ、てんかんの症状は軽度から重度まであり、その症状も複雑です。
手足など部分的に症状が出て、時に移行して意識が薄れ意識を失う事もある部分発作があります。
これの場合、本人は多少覚えているもののようですが、一方、全身性の発作である全般発作の場合は、突然の全身けいれんや意識を失い、発作時の事を全く覚えていない場合がほとんどです。
その為、全身を震わせて暴れるような事もあります。
暴れるような場合があるという事を家族や周りの方が理解して、危ないものがないように普段からしておくのは大事かもしれません。

スポンサーリンク

無意識に暴れる事で、本人は治まってから体の筋肉が痛むなどの症状を感じるようです。
このようなてんかんですが、原因は遺伝性のものやストレスが原因のもの、原因不明のものまであります。
ただ、放置しておいて良くなるものではありません。
早めに治療を始められるように神経内科や専門外来などを受診してみると良さそうです。
治療は、薬物療法を中心として、場合によっては手術で改善する事もあるようです。
ただ、電気信号を正しくする手術は全てのてんかんに可能ではないようです。
そして、薬物療法と共に日々の対策も大切です。
ストレスや睡眠不足や疲労で、てんかんをさらに起こしやすくする事もありますので、無理をしないで疲れすぎないようにする事、睡眠をしっかりとるなどを気をつけると良いかもしれません。
また、無意識に暴れることもあるかもしれませんが、病院を受診した際に医師に様子を詳しく説明できるのは、その周りにいる方だけですので、様子や経過をしっかりとみておくのは大切です。

スポンサーリンク