てんかん 結婚 反対

てんかんで結婚は反対されるのか

スポンサーリンク

女性や男性というように性別に関係なく結婚にあこがれを抱いているという人がいます。
これは大切な人とずっと一緒に生活をすることができるということで、人生の中では非常に大切なこととなっています。
しかし結婚をするときには相手のことが非常に気になってしまいます。
それは家族のことや病気に関してです。
現在てんかんの患者はたくさんいます。
そのなかで上手に付き合いながら人生を過ごしているという人も少なくありません。
そのなかで考えるのが結婚に関してです。
医学の発達と共に治療に関して薬が開発されています。
そのなかで技術の向上と共に主な症状である発作を抑えることができるようになっています。
しかしこれが結婚となると、反対されることも多くなっています。
とくに女性に症状が見られるときには、反対されることが多くなっています。
それは出産の際に遺伝をするのではないか、また子育てに何らかの影響があるのではないかというような理由で反対されることがあります。

スポンサーリンク

しかしてんかん患者であるからといってあきらめる必要はありません。
病気のことをしっかりと理解するということが大切になります。
そして一緒に歩いてくれる人はたくさんいます。
てんかん患者であるからといって出産ができないということではありません。
出産をして子育てをすることもできます。
したがってここで大切なことは、結婚を考えている人と一緒に病院を受診し、医師からしっかりと説明をしてもらうということが大切になります。
ここで病気に関する疑問点を確かめることができます。
一緒に話を聞くということで理解を深めることもできます。
病院ではどのような話が行われるようになっているのかというと、普段の生活の中で気をつけなければいけないことを中心に話が進められるようになっています。
発作が発生したときの対処方法も説明されるようになっています。
妊娠中は薬を服用することができないと考えられていますが、発作が発生したときの危険性を考えて薬を服用している人が多くなっています。

スポンサーリンク