老人性てんかん 病院 治療

老人性てんかんの病院での治療について

スポンサーリンク

高齢者に見られる病気はたくさんあります。
加齢と共に身体のさまざまな機能が衰えているということで、病気が発症する可能性も高くなっていると考えることができます。
そのなかで脳に関する病気があります。
それがてんかんということになります。
老人の場合には老人性てんかんと呼ばれることがあります。
老人性てんかんの病院での治療に関しては、少しの薬を処方することで症状を改善することができる場合が多くなっています。
しかし病院での治療では注意をしなければいけないことがあります。
それはさまざまな副作用が出るということをしっかりと考えなければいけないということです。
したがって薬の調製をしっかりと行うことが大切になります。
生活の質が落ちないように配慮をしなければいけません。
老人の場合には生活の質が少しでも低下するだけで、生きる気力を失ってしまうという人がいるからです。
薬を使った治療や生活の質、生活の中の注意点などをしっかりと把握しておくことが必要になりますスポンサーリンク

老人性てんかんでは、抗てんかん薬を調製するということが大切になります。
病院で薬が処方されるときには、他の病気の薬との相互作用が大きな問題になります。
高齢者の場合には、薬の治療で発作を抑えることができるようになっています。
その結果普段と同じような生活を送ることができるようになっています。

しかし高齢者特有の考えなければいけないことがあります。
それは若い人とは異なり、代謝力が低下しているということがあるので、副作用などを含めた薬の作用が強く出てしまうことがあります。
他の病気で投薬を行っているという人も少なくありません。
この場合抗てんかん薬との相互作用で、お互いの薬の効果が変わってしまうので注意が必要となります。
認知症があるという人がいます。
このようなときには治療に難しい点が発生してきます。
アルツハイマー病を持っているという人は、てんかんの発症が多くなる傾向があります。
記憶障害が認知症と区別しにくいので、発見が遅れてしまうことがあるので、病院と家族の連携が重要です。

スポンサーリンク