てんかん 遺伝 男性

てんかん男性は遺伝をするのか

スポンサーリンク

脳に関する病気がたくさんあります。
脳腫瘍や脳血管疾患など命に関わるというような病気もありますが、比較的症状が安定しており、死亡率が少ないというような病気もあります。
そのなかにてんかんがあります。
これはどのような病気となっているのかというと、湿疹や痙攣などが発生するものとなっています。
脳波の異常によって発症することがありますが、体がぴくぴくとしたり、意識を失ってしまうというようなこともあります。
初めてこのような発作の場面に遭遇したというような人は驚いてしまいます。
しかし薬を服用することで上手にコントロールすることがでいるようになっています。
それほど心配する必要はありません。
完治させるということよりは、どのようにして付き合っていくのかということが重点的に考えられています。
原因として考えられていることは、脳の損傷になります。
この他には様様な原因によって脳の中を流れている電気信号が乱れるということが関係しています。

スポンサーリンク

男性てんかん患者もいます。
このような場合てんかんが遺伝をするのではないかと考えている人がいます。
ほとんどは特発性で原因が不明となっています。
したがって特定のものを除いて男性患者から遺伝をすることはないと考えられています。
しかしここで注意をしなければいけないことがあります。
病気そのものは伝わらなくても、発症のしやすさというものを受け継いでしまうことはあります。
この場合は良性のてんかんのことが多く、治癒しやすいものとなっています。
また発症のしやすさが遺伝した場合でも、必ずしも発症するということはありません。
祖父と父親と子供というように3代にわたっててんかんを発症しているというような家計は少なくなっています。
したがって男性患者から遺伝をするということは少ないと考えることができます遺伝性のものは全体で約5パーセントとなっています。
またこれは他のものと比べると治りやすいと考えられています。
過度に心配しないようにします。

スポンサーリンク