てんかん 遺伝 確率

てんかんが遺伝する確率について

スポンサーリンク

てんかんという病気があります。
これに関しては間違った知識を頭に入れているという人が少なくありません。
これではただ恐ろしい病気としての認識しかないので、しっかりとその知識を頭に入れておく必要があります。
てんかんという病気に関しては発作や意識を失うというような症状があらわれるようになっていますが、遺伝をするのかということが気になります。
遺伝をした場合でもその確率がどのくらいあるのかわからないという人もいます。
てんかんにはその要素があると考えられていますが、それが脳にできた傷や脳血管系の病気が原因となっていることがあります。
このようなときに遺伝する確率は全くないと考えられています。
脳にできた傷が原因となっててんかんを発症しているというような場合には、ほとんどその確率がないのです。
他のことが原因となっている場合でも、高い確率で発生するということはありません。
ここでは発症しやすい体質になるというようなことはあります。

スポンサーリンク

発症しやすい体質を引き継ぐということが考えられていますが、これだけでは必ず発症するということはありません。
ここに何らかの要因が加わることで発症するようになっています。
家族にてんかん患者がいるからといって、必ずしも発症するというのはないのです。
あまり深く考えないようにします。
また妊娠中にも気になることがあります。
この間は薬の服用が気になりますが、薬の服用ができないので発作が発生してしまうと考えている人がいます。
胎児に影響があるからといって薬を敬遠するという人がいますが、一般の女性が障害がある子供を産む可能性は約3パーセントとなっています。
また薬を服用しているときの女性が障害のある赤ちゃんを産む確率というのは約9パーセントとなっています。
したがっててんかん患者が妊娠をした場合には、医師と治療方法についてしっかりと話し合うようにします。
発作が起きないからといって自己判断で薬の服用をやめないようにします。

スポンサーリンク