てんかん 遺伝 兄弟

てんかんは兄弟で遺伝をするのか

スポンサーリンク

病気を持っているというような人は、それが遺伝をするのではないかと非常に心配になります。
とくに母親が何か病気を持っているというようなときには、自分の子供に遺伝をするのではないかと非常に心配になってしまうこともあります。
てんかんという病気がありますが、これも遺伝をするのではないかと考えられている病気の一つとなっています。
てんかんとはどのような病気となっているのかというと、脳の疾患によって痙攣や発作が発生するようになっています。
一時的に意識を失うというような症状も現れるようになっています。
100人に1人というような割合で発症することがありますが、これはどのような人にも発症する可能性があります。
決して日本人だけが発症するというようなものではありません。
原因としてはさまざまなことが考えられています。
てんかんは頭を強く打ったときに脳の中にできた傷が原因と考えられていることもあります。
先天性のものもあります。

スポンサーリンク

先天性のものが原因となっている場合には、それが伝わるのではないかと心配になる人がいます。
乳幼児から思春期にかけて発症することが多いと考えられているので、最初に生まれた子供がてんかんを発症している場合、2人目を妊娠するときには兄弟で遺伝をするのではないかと考える人がいます。
兄弟で遺伝をする可能性が全くないということはありませんが、それほど遺伝性の強い病気ではありません。
したがって兄弟の間で心配をする必要はありません。
原因不明の特発性のものが多くなっているので、基本的にはそれが兄弟間で同じように表れるというようなことはありません。
またてんかん患者の子供がてんかんを発症する確率に関しても、4パーセントから6パーセントであると考えられています。
したがってそれほど敏感になる必要はありません。
妊娠中にこのようなことばかり考えているとお腹の子供によい影響は与えません。
ゆったりとした時間を過ごすということが大切になります。

スポンサーリンク