若年性ミオクロニーてんかん 治療

若年性ミオクロニーてんかんの治療について

スポンサーリンク

脳に異常が発生する病気としててんかんがあります。
これは脳の中で興奮状態が引き起こされていると考えられるようになっています。
そのなかで比較的若い年齢に発症するてんかんとして、若年性ミオクロニーてんかんがあります。
若年性ミオクロニーてんかんは、8歳から20歳という年齢に発症することが多くなっています。
ミオクロニー発作というものが発生しやすいというのが大きな特徴となっています。
特発性てんかんというものがありますが、この中の約20パーセントから25パーセントを占めるというように考えられています。
具体的にはどのような症状が現れるようになっているのかというと、不規則なミオクロニーが両方の腕に強く現れるようになっています。
発作が発生すると転倒してしまうこともあるのです。
これ以外に見られる症状としては、強直間代発作や失神発作が見られることもあります。
若年性ミオクロニーてんかんの発作に関しては、朝起きてから30分から1時間という時間帯に多くなっています。

スポンサーリンク

日常生活の中で気をつけなければいけないということもあります。
それは点滅する光をあまり見ないようにするということです。
これで発作が誘発されることがあります。
治療に関しては、他のてんかんと同じように抗てんかん薬が処方されるようになっていますが、しっかりと薬を服用しないと再発しやすくなっています。
治療を行うときには、勝手に薬の量を減らしたり中止をしないようにします。
診察を行うときには、寝不足の状態で受診するということが行われることがあります。
これは睡眠との関係が深くなっているからです。
深夜まで起きているということと、わざと目覚めさせるというような行動が、発作を引き起こしやすくなっています。
若年性ミオクロニーてんかんと同じようなものとして、思春期にたくさん発症する若年失神てんかんや覚醒時大発作てんかんがあります。
これらの症状が合併しているというようなときには、境界がはっきりとしていないこともあります。
投薬治療が基本となっています。

スポンサーリンク