難治性てんかん 寿命 原因

難治性てんかんの原因や寿命について

スポンサーリンク

てんかんという病気があります。
そのなかでも治りにくいと考えられているものがあります。
それが難治性てんかんといいます。
てんかんという病気は脳の中で異常が発生していると考えられています。
命に関わることがあるのではないかと考え、寿命が短いと考えている人もいます。
てんかんの主な症状としては発作ということになります。
発作だけでなくなってしまうということがありますが、この場合症状が重い中で発見が遅れたり、意識が回復しないということや呼吸停止や心停止を引き起こしてなくなってしまうということがあります。
しかし明確な寿命を示すことはできません。
発症年齢もさまざまとなっているからです。
発作が発生したときの状況によって、事故やケガが発生するというようなリスクはありますが、寿命が短くなるというようなことははっきりとわかっていません。
しかしうつ病を抱えていたりということで、社会的に孤独になっているというようなことがあります。

スポンサーリンク

このような症状を抱えて悩んでいるという人は、治療の際に薬でしっかりと発作を抑えることができない人に多くなっています。
この場合自分で命を絶ってしまうというようなこともあるので危険です。
難治性てんかんという病気がありますが、これは薬で発作の発生を抑えることが難しいと考えられています。
また発症年齢との関連性が深くなっていたり、発作の頻度が高くなっていたり、激しい脳波の異常が発見されるというような特徴があります。
このほかには知能の発達の遅れが見られるというようなこともあります。
しかし難治性てんかんでもしっかりと対処をすることができるようになっています。
それは早期の薬物療法で発作を軽減させることができるということです。
原因としてはいくつかのことが考えられています。
そのなかで熱性痙攣との関連性が深くなっているということが原因とされています。
幼児期に高い熱が出たことが原因となって、全身や手足の一部が痙攣することとの関連性が深いと考えられています。

スポンサーリンク